軽さが正義ではなかったよ!最速アジリストファスト

パーツ/ロードバイク/
  1. ホーム
  2. パーツ
  3. 軽さが正義ではなかったよ!最速アジリストファスト

1.軽さは正義ではないことを証明!

皆さん、こんにちは!チャリダーMです。

アジリストファスト25Cに替えてから3か月ほど経ちまして、乗るたびに感動を味わっています。

今回はあらためてレビューします。

ロードバイクにおいては軽さが正義と昔から信じてきました。

特にホイール回りは軽いほど楽にスピードが上がるのだと。

坂はどうしても軽さを求めてしまいがちですね。

アジリスト25Cはノーマルで190g、ライトは180gです。

ファストは25Cで230g…。

どうしてこんなに重くなってしまったのかと、あきらめていたのですが。

半信半疑で25Cを履いてみたところ、びっくりくりくりくりっくりー。

吉本新喜劇の古いネタで大変恐縮ですが、本当にびっくりしてしまったのでした。

感じたままの感想です。くどくど余計な文章は書く必要もありません。

これは前にブログで書いたとおりです。

パナレーサー(Panaracer)
¥7,080 (2024/03/02 18:24時点 | Amazon調べ)

2.もっと人気が出てほしい

それにしては、どうもファストに対する書き込みや評判があまり出てこないのは何故なんでしょうね。

最近は少し見かけるようになりましたが。

GP5000はやたら評判がいいのですが、いや実際に素晴らしいので、書き込みが多いのですが、ファストももっと盛り上がってほしいですね。

今ならファストのほうが絶対に良いと断言します。言い切ってしまった…。

(耐久性は不明ですが、重い分ノーマルよりトレッドが厚くなっているので、頑丈そうですが)

GP5000より安いですし、ほかのパーツをカスタマイズするよりも幸せになれるはず。

これは乗ってみなければわかりません。

素人でも変化に気づくはずです。どんなに鈍感でも。

少し気色ばんでしまいましたが。

そして早く試したい250gのファスト28C。

パナレーサー(Panaracer)
¥7,220 (2024/02/27 20:50時点 | Amazon調べ)

3.まとめ

もしクリンチャータイヤの交換をお考えなら、是非アジリストファストをおススメします。

タイヤをはめるときに、少し不快感を味わうかもしれませんが、そのあとには極上の乗り味を体感することができます。

それでもなにも感じない方はかなり鈍感であるとの自覚が必要です。

たぶん何に替えても同じです。

大変失礼いたしました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロードバイクランキング
ロードバイクランキング